35レス(1/1)
1:
名無しさん2015/03/11(水) 22:12:45
第二次上海事変に関係する資料の置き場です
8:
某スレ6962015/12/12(土) 21:30:22
「会議録」のPDFに岩谷氏の講演内容が記録されています。

「塘沽停戦協定からトラウトマン工作まで」岩谷將・防衛研究所主任研究官が講演
https://www.dpj.or.jp/article/106840
11:
某スレ6962016/04/15(金) 00:15:23
>>5
ニューヨーク・タイムズ1937年8月31日の原文を載せているサイトがあったので貼っておきます。
http://www.sdh-fact.com/essay-article/311/

Foreigners Support Japan(タイトル)から
But they were literally pushed into the clash by the Chinese, who seemed intent on involving the foreign area and foreign interests in this clash.
までです。
13(1):
某スレ6962016/07/01(金) 00:13:57
>>12
一部分だけテキストに打ち出してみました。

Last months number of "Oriental Affairs" edited by Mr. H.G.W.Woodhead.
"herald" correspondent in the Far East, points out that "Nanking appears to be in the grip of a warlever as intense as that which has overwhelmed Japan."
It holds that "It is a grotesque misrepresentation of realities to suggest that the Japanese sought and provoked the recent hostilities in Shanghai."
The most provocative action, it suggests, was not the Japanese occupation of the Eight Character Bridge, but the despatch of two Chinese regular divisions - the 87th and the 88th - into the demilitarised zone, thus breaking the 1932 agreement.
This breach could only be explained "on the theory that the Nanking Government decided that if there was to be a military showdown with the Japanese, it would elect its best troops and material in the Shanghai area, rather than in the north, owing to the fact that enormous international interests were involved, and international intervention might, therefore, be expected."
"Oriental Affairs," in explaining partly why "it is not tenable to pretend that the Japanese were the aggressors in Shanghai, whatever they may have done in the north," points out that when hostilities began, the Japanese had only up to 4000 troops (including reinforcements) to protect a community of about 20,000 to 25,000 civilians.
15:
某スレ6962016/07/05(火) 19:41:30
>>12-13
翻訳は「日本語訳を書いてみるスレ」、10-15。
Troveのテキストを編集しておいたので原文も読めるだろうと思います。
17:
某スレ6962016/07/29(金) 00:47:02
オーウェン・ラティモア『アジアの情勢』に次の記述があるそうです。

「中国と日本との戦争は、華北の中国軍隊の下士卒連中の自然発生的な抵抗によって、ついにはじめられた。
その抵抗は、きわめて広汎なものであり、また、それに呼応した民族主義の熱情の爆発も、圧倒的に大きいものであったために、
(中国)政府は、遂にひきずられたのである」

The Situation In Asia の72頁に、それらしき記述が見つかりました。
https://archive.org/details/situationinasia011864mbp

War between China and Japan was finally forced by the spontaneous residence of rank-and-file Chinese troops in North China.
The resistance was so extensive, and the outburst of Nationalist fervor that responded to it so overwhelming, that the government was carried along.
18:
某スレ6962016/07/29(金) 20:16:18
>>6
1937年9月6日付ニューヨークタイムス
「…爆弾は両方とも中国が伊から購入したイタリア製のもの…」
とする記事があります。
ところで吉田一彦著「シエンノートとフライング・タイガース」によると
ムッソリーニは「中国をイタリア製航空機を売り込む絶好の市場と考えた(中略)。
そして1935年にはイタリアの使節団が中国に乗り込んでくることになる。」p.49
といった記述があります。
もっとも「南昌にあったイタリアの飛行機工場もいい加減なものであったらしく」
陸軍部隊の指導を行ったドイツ軍事使節団の立派な仕事とは対照的だった(p.51)、とも書かれていますが(^^;

これは完全に私の『根拠のない憶測』ですが、三国同盟はイタリア・ドイツに中国から手を引かせるためでもあった?
21:
某スレ696[sage] 2016/10/14(金) 23:27:31
こちらも、他に適切なスレがないため、ここに記載します。
蒋介石の「顧問」に関して。

1908年の記事
http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/199315917?searchTerm=adviser%20to%20the%20Central%20Chinese%20government&searchLimits=
1939年の記事、J. Pomeroy
http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/229479821?searchTerm=adviser%20to%20the%20Central%20Chinese%20government&searchLimits=
1941年7月、オーウェン・ラティモア。 ルーズベルトに推薦されたそうです。
http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/152139591?searchTerm=adviser%20to%20the%20Central%20Chinese%20government&searchLimits=
26:
某スレ6962017/03/08(水) 14:34:57
中独合作やファルケンハウゼンに関して、論文等。

①「書き直される中国近現代史(その2)」
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/asnet/h21w/
上記ページから 第六回 「抗日戦争とナチス・ドイツ」の講義録

②PDFのためURLは書きません。
「日中戦争期の中国におけるドイツ軍事顧問団」
27:
某スレ6962017/04/19(水) 16:23:26
第二次上海事変と関係ない報道も含まれます。ライフ・マガジンの報道のまとめ。
(全ての号をひとつずつ確認したわけではありませんので、抜け落ちている記事もあるでしょう)

上海の爆撃 1937年9月13日 p.23~
https://books.google.co.jp/books?id=RUgEAAAAMBAJ&pg=PA23#v=onepage&q&f=false
上海南駅の爆撃 1937年10月4日 p.102~
https://books.google.co.jp/books?id=wkQEAAAAMBAJ&pg=PA102#v=onepage&q&f=false

パナイ事件 1938年1月10日 p.11~
https://books.google.co.jp/books?id=jUoEAAAAMBAJ&pg=PA11#v=onepage&q&f=false
南京の日常とされる写真 1938年4月4日 p.33
https://books.google.co.jp/books?id=40oEAAAAMBAJ&pg=PA33#v=onepage&q&f=false

支那の演劇は日本に対する憎しみを鼓舞する 1938年10月17日 p.34 / 漢口の戦い p.26~
https://books.google.co.jp/books?id=60wEAAAAMBAJ&pg=PA34#v=onepage&q&f=false
ジョージ・フィッチ、ダライ・ラマ14世 1939年10月9日 p.16、p.89
https://books.google.co.jp/books?id=QkIEAAAAMBAJ&pg=PA16#v=onepage&q&f=false
28:
某スレ6962017/04/19(水) 16:54:09
日本は反抗的な満州人を匪賊として斬首する 1937年11月1日 p.90
https://books.google.co.jp/books?id=zEQEAAAAMBAJ&pg=PA90#v=onepage&q&f=false
満洲では日本とロシアが軍事演習を実施 1939年8月7日 p.18~
https://books.google.co.jp/books?id=w0EEAAAAMBAJ&pg=PA18#v=onepage&q&f=false
溥儀に関する報道 1945年7月16日 p.78~
https://books.google.co.jp/books?id=fEgEAAAAMBAJ&pg=PA78#v=onepage&q&f=false

選挙・投票の様子 p.72-73 1937年6月21日
https://books.google.co.jp/books?id=1UQEAAAAMBAJ&pg=PA73#v=onepage&q&f=false
日本の実力は?(宣伝的な内容) 1943年8月16日 p.87~
https://books.google.co.jp/books?id=RVAEAAAAMBAJ&pg=PA87#v=onepage&q&f=false

プレゼントされた日本兵の頭蓋骨 p.35 / ニューギニアの戦い p.27 1944年5月22日
https://books.google.co.jp/books?id=bk8EAAAAMBAJ&pg=PA35#v=onepage&q&f=false
J.B.パウエル、日本の捕虜収容所から戻る(プロパガンダ記事の疑い)1942年9月7日 p.23
https://books.google.co.jp/books?id=rU4EAAAAMBAJ&pg=PA23#v=onepage&q&f=false
35:
<削除>[<削除>]
<削除>
07:12:37時点のスレ終端
続き44秒後位に新着取得可
 元スレ:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/news/5877/1426079565/