148レス(3/3)
1:
名無しさん[sage] 2021/02/13(土) 10:55:01 124-141-30-60.rev.home.ne.jp
2020年度のクソゲーオブザイヤーinエロゲー板 総評審議所

その年に発売のエロゲーで一番のクソゲーを決めましょう
ルール
男性向け18禁PCゲームでその年の1/1~12/31に発売されたゲームが対象
投票で決定するスレではありません。
※作品自体ではなく信者を叩くのは該当スレで行ってください
※作品の良し悪しについて語るのは程ほどに。本格的なのは各ソフト本スレへ

まとめwiki
http://w.atwiki.jp/kotye/

Q&A

Q.○○はクソゲー
A.どうクソなのか詳細なレビューよろ

Q.○○が今年の大賞で決まりだな
A.そのソフトを中心とした一年の総評よろ
続き67行
99:
名無しさん[sage] 2021/04/10(土) 21:19:51 pkty009-117.kcn.ne.jp(6/12)
めっちゃ悩んだけど総評5が一番好きかなあ……

「スキップで逃げることすらできないコンキスタこそ最糞」という総評2も好きだけど
100:
名無しさん[sage] 2021/04/10(土) 21:22:32 pon076-052.kcn.ne.jp(2/2)
文章表現としては2も捨てがたいけど、やっぱり4かなあ
101(1):
名無しさん[sage] 2021/04/10(土) 22:02:29 221x249x145x197.ap221.ftth.ucom.ne.jp
総評5が良いと思う
気になったところとしては、
・LOVE・デスティネーションの「R(テッキン)とC(コンクリート)」は、(実際に表示された画面としてはウザそうだけれど)そこまで変じゃないように思えるので、もっとインパクトのあるふりがながあれば欲しい
・まいてつの前作、ものべのHEでもパッケージに描かれている二人のうち一人が本番なしの新キャラだった
三桁年齢のロボではなく、小学校にも入っていない一桁年齢であることがストーリーで確定してしまう実の娘で、風呂に入れて洗って漏らすようなシーンがちゃんとあったという差はある
102:
名無しさん[sage] 2021/04/11(日) 13:33:21 KD106174021112.ppp-bb.dion.ne.jp
総評5を推したい
理由は各作品のクソ要素がどうクソなのかという解説が一番しっくりきたので
103(1):
一般12021/04/18(日) 20:03:04
書き込みが一週間ほどないので提案を
ここの審議所を見ている人は非常に少ないです
ましてや書き込みができる人となると更に少ないです
この状況で期限なし・多数決でも決まらないとなると、決める手段が限りなく限定されてしまうと思います
そして議論もいつまで経っても進まず停滞してしまう危険性を孕みます
この辺りを総評者同士で擦り合わせ、進行を可能にする時がきていると思うのですがいかがでしょうか

私は最も高評価が集中した総評5をベース案とし、各総評者や書き込める人が添削の意見を出すのがいいかと考えます
104:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/04/19(月) 01:20:36 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(21/27)
そうですね、私もベース案を総評5とすることに異存ありません。
私の総評が負けるならこれかなと読んだ時から思ってました。
エントリー作を全部やったのかと思うほど、取り上げた作品一つ一つの描写が濃いです。
私はエントリー作には触れずに選評や公式や各種レビューを当たって総評を書き上げましたが、
情報の濃淡の違いがそのまま説得力の違いになった気がします。
あと次点作の方向性が一番近い……っていうのは、完全にオマケですね。

私の総評に一票を入れて下さった方、ありがとうございます。何かの励みになる気がします。
105:
名無しさん[sage] 2021/04/19(月) 23:42:21 pkty009-117.kcn.ne.jp(7/12)
>>103
賛成

ある程度ベース案に関する意見が集まるまで待とうとは思っていたけれど
1週間書き込みがないようなら、これ以上来るかは微妙なところだしね
106:
総評52021/04/20(火) 00:28:47
各作品の解説を具体的に掘り下げる点にはこだわったので、それが伝わり評価されたのは素直に嬉しいです
一方で、具体例を詰め込んだ分だけ長くごちゃついた感じを拭いきれなかったのが心残りではあります

なので、合成案の執筆を任せてもらえるのであれば、
・ほかの総評案の構成・着眼点・キレのあるフレーズ等々を参考に、具体性を損なわない範囲で解説のスリム化を実現する
・大賞関連については、大賞作品は一致、理由も方向性は概ね一致してるので、主旨は変えずに推敲する
という基本方針でやるつもりです

ただ、文章練るのに時間がかかる方なので、見切り発車気味ではありますが、ひとまず合成案の草案執筆に取り掛かりつつ、異論反論含むご意見を待ちたいと思います
107:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/04/20(火) 22:35:53 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(29/34)
遅れながらですが、総評5をベースとする皆様のご意見に賛同させて頂きます

総評2の文章の捻りの面白さや総評4の選評作全体の読みやすさやバランスの良さも好きでした
総評5の執筆者の方のご負担が大きいかと存じますが、上記2案の良さも取り入れて頂けると嬉しいです
108(1):
一般12021/04/23(金) 00:04:30
合成案の執筆について少し意見を
スレ住民であるor選評を詳しく事前に読んでいる人でないと分かりにくい箇所が何件か見受けられました。
総評は素人が読んでも分かりやすいものであればいい筈ですし、この辺りの推敲をお願いしたいです。
あと解説のスリム化を目指すなら、要点を絞ってここを読んでくれれば大体は理解できると部分を軸に書いた方がいいと思います。
109(1):
総評52021/04/25(日) 21:27:14
>>101
「RとC」で鉄筋コンクリートは最初意味がわからなかったので採用しました
自分としてはわりとインパクトはあるかなと思っているので、ここは他の方にも意見を聞いてみたいです

参考までに、印象に残ったルビの控えがあるので貼っておきます

どんな状況(とき)でも
敷居(ハードル) 難易度(ハードル) 頂点(トップ) 自動台車(トラック)
R(テッキン)とC(コンクリート)
頃合い(タイミング)いつもの事(ルーティンワーク)
主戦力(キャリア)全選択(フルオプション)特徴的(ユニーク)生き方(キャラ)生き方(スタイル)教育方針(スタイル)立ち位置(ポジション)生命線(ライフライン)
資質(スペック)本能(ゴースト)真(ほんとう)事態(イベント)状況(シチュエーション)
高額(たか)く
車道(ここ)草食系(そんなん)
あの女性(コ) 事件(そ)の "王子"(そ)の 現実(そ)の

ルビと本文どちらを読んでも比較的わかりやすそうなものは優先してカットしました

それから、パケ絵キャラエロなし(公式サイトにその旨記載あり)はLoseファンには許容されてるんでしょうか
あまり問題視されてないようなら、該当箇所の記載内容を簡略化するなり削るなりしたいと思います
110:
総評52021/04/25(日) 21:28:30
>>108
解説の詳細度は、仮想読者を「総評だけを毎年読んでいる人」に設定して調整しているつもりです
なので、スレや選評の内容を前提知識として要求するのは本位ではなく、ぜひ直したいので、具体的にどの作品のどこがわかりにくいか挙げてもらっていいでしょうか
111:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/04/26(月) 00:44:08 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(22/27)
>>109
「RとC」前後の文脈が分からないから、「RC造って何?」「テッキンとコンクリート」みたいに脳内補完されちゃうのかも。
(reinforced concreteの頭文字なので、鉄筋では意味が通らないことは置いといて)
別のルビを盛り込むなら、私は「生き方(キャラ)生き方(スタイル)教育方針(スタイル)」の流れが好きです。

Loseファンの反応を知りたいなら、えろすけがごらんの有様なのでpinkちゃんの作品別スレかなと。
22スレ目がまいてつLRの発売前後で、数スレほどオリヴィで検索かけて眺めてみましたが、
そこそこ不満も出てたっぽいのでそのまま残して大丈夫だと思います。
112:
一般12021/04/26(月) 21:02:03
気になったのは以下の部分です。
※Loveデスの「本作のイタさを込めて要約すると、~」要約し過ぎて逆に分かりにくくなっている
※まごかつの「また、デッサンと塗りが低劣なため、~」この辺は画像がないと分かりにくいところなので想像で分かる感じにしてほしい

あと誤字? Secret Agentの「忍者と騎士の設定はごっご遊びレベル」→ごっこでは?
113:
名無しさん[sage] 2021/04/26(月) 21:04:09 pool-206-7.aitai.ne.jp(2/3)
ごっこ遊びはおままごとなどの総称で普通に使われる語だから別に構わんと思うけど
114:
名無しさん[sage] 2021/04/26(月) 21:17:25 pkty009-117.kcn.ne.jp(8/12)
だよね。ごっこ遊びっていう
115:
名無しさん[sage] 2021/04/26(月) 21:17:44 pkty009-117.kcn.ne.jp(9/12)
ああ、ごっ”ご”になってるっていいたかっただけか
無視して
116:
名無しさん[sage] 2021/04/26(月) 22:39:25 pool-206-7.aitai.ne.jp(3/3)
そういう意味か申し訳ない
117(2):
総評52021/05/04(火) 11:17:08
総評の原案が一通り書けたので投下します
https://writening.net/page?ez86Ny

ほかの総評案からそのまま切り貼りというよりは、自分の言葉に寄せて書いた部分が多く、あまり合成案という感じにはなってないかもしれませんが、大いに参考にはさせてもらいました

とりあえずの原型ということで、誤字脱字や表記ゆれ、文末や表現の重複等々の細部まではまだ詰めておらず、これからになります

どの作品の、どの要素を、どのくらいの分量で記述するかのバランスに注力しました
特に、欠くべからざる要素が欠けていないか、意味が通じにくいところはないか、あたりで意見をもらえるとありがたいです
各種指摘もすべて確認して対応したつもりですが、まだ不十分なようなら遠慮なく再ツッコミお願いします
118:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/05/04(火) 20:03:19 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(23/27)
>>117
総評の原案執筆お疲れ様です。
私が見る限りでは、各作品の要素に書き漏れは無かったように見受けられました。

表現で引っかかった部分は3つほどあります。
「俺たたエンド」という略し方は珍しいもので、読者がつまづくポイントになりそうです。
分かりやすく「俺たちの戦いは~」なら、選評を読んでない読者にも伝わりやすいかと。
「かてて加えて」は最初は誤字かと思いました。私の不勉強かもしれませんが、難しい表現と認識しています。
普通に「加えて」で意味が通りそうなので、より平易にした方が可読性が上がりそうです。
「障碍」は「障碍者」の文脈で使われる単語で、本総評の「障害物」を想定した用例なら「障害」で大丈夫ではないでしょうか。

これから細部を詰めるにあたっては、読点が多いのではと少し気にかかります。
文章全体のテンポは好みや感性の問題なのですが、私は区切りが多すぎるのではないかと感じられました。

以上、気楽な外野からの一意見でした。
参考になれば幸いです。的外れだなと思われたら無視してください。
119:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/05/09(日) 00:26:30 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(30/34)
>>117
総評原案の作成、ありがとうございます。

私はまいてつLRの補填、全部入りプロジェクトの概要を加えたらどうかなと思いました。
名前も香ばしいですし、無料でもファンサイトに登録しないと受けられないものである事を説明する事で「去った者には届かず、残った者からは冷ややかな目を向けられている。」の部分が分かりやすくなると思います。

あと、まとめの部分の「ルビの悪用で文章を汚し」の部分も少し違和感を感じました。
メーカーに悪意は無く「型を身につけてない者」「全力の空振り」との評価だと感じましたので、悪用では無く乱用、誤用といった表現の方がいいのかなと思いました。

その他の部分は特にありません。私見ですが、とても分かりやすい総評だと思いました。
自分より素晴らしい文章を書ける方に意見は板汚しで恐縮ですが、参考になるようでしたらご検討下さい。
120(2):
総評52021/05/17(月) 23:26:03
修正案作成が一段落したのでひとまず投下します
https://writening.net/page?vPbQmX

読み返してみて、不明瞭・不親切・不正確と感じたところを中心に、文脈を変えるなり補足するなりして調整しました
指摘にも概ね対応しておりますが、下記の2点は保留とさせてもらってます

・俺たた、かてて加えて
ややわかりにくいという指摘はまさしくその通りで、これはあえてやってる部分もあります
徹頭徹尾ひたすらわかりやすいと、するする読めすぎて印象が残りにくくなりかねないので、ほんの少しだけ引っかかりというか立ち止まるポイントを作るという意図です
もうひとつ、音数のリズムがより良いという理由もあります
ただわかりにくいだけでその意図は失敗しているということであれば修正しますので、もう一度意見を聞かせてもらいたくて保留にしました

・まいてつ全部入りプロジェクト
名前は入れましたが、具体的な内容は今のところ入れることができていません
概要を具体化するとかなり文字数が掛かりそうな割には、どう改善されたかをはっきりさせるメリットが薄そうに思ったのと、名前だけでも少ない文字数でなんとなくイメージだけは伝わるかなという判断です

今後は保留部分の再考も含めてさらに読み返しと微調整を行い、次でほぼ決定稿として提出、誤字脱字等の最終チェックを経て完成という流れを予定してます
121:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/05/18(火) 21:23:19 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(31/34)
>>120

再度の総評修正、お疲れ様」です。
至らぬ意見を拾って頂き、ありがとうございました。全部入りプロジェクトの件は名前だけでも香ばしいですのでこれでも良いと思います。

色んな部分に細やかな修正を頂いていますが、一点気になった部分があります。

>対して『LOVE・デスティネーション』は、あり余る熱意に基づくフルパワー暴走の産物である。

ここの「フルパワー暴走」が意味の重複に感じました。暴走事故みたいな表現とかどうでしょうか。

あと、文脈的に話題が変わるので

>結果発表は終えたが、ここでひとつのやり残しと向き合わねばならない。

の前に「さて、」を加えるといいかもと思いました。

自分の意見は以上です。
122:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/05/21(金) 02:45:57 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(24/27)
>>120
総評修正お疲れ様です。総評原案が整理され、読みやすくなっていると感じられました。

文章表現については「総評は大量のエロゲーを文章だけで解説するのだから、なるべく平易である方が望ましい」
とする立場です。ただの見解の不一致なのですが、それでも敢えて踏み込ませていただくと……
「俺たた」の初出がカムイの結びで、直後のLOVEデスのテキスト説明に「かてて加えて」があり、
全体的に難しい表現の多い文章が続く中で「簡単なことを難しく書いて~悪文~」とバッサリいきます。
この総評自体がバッサリ斬られかねない、リスクの高い文章表現です。
総評のテンポを変えるためにどこかを難しくする意図は否定しませんが、ここではないと強く感じます。

「全部入りプロジェクト」については、作品紹介で掘り下げる価値はなさそうです。
演出改善や追加Hシーン入りの無料パッチでは、クソゲーの加点要素にはなり得ないでしょう。
一方で、選外とする説明部分でパッチの内容評価に繋がっていて、総評がより引き締まった印象を受けました。
123(1):
総評52021/05/30(日) 23:21:15
再修正版ができたので公開します
https://writening.net/page?UDnxfm

ご指摘にはどれもごもっともと納得した上で対応しました
ほかは誤字脱字や表記ゆれのチェック、微妙なニュアンスの調整がほとんどのため、期間を要してしまった割には大きな変化はありません

5/17版との差分の比較抽出結果も、設定上3日しか保存できませんが一応貼っておきます
https://difff.jp/yxv5k.html

自分としては、あとは修正部分への再指摘があるかどうかの確認と、ミスの再チェックくらいに留めようと思ってます
見直し中に気になる点が出れば多少は直すかもしれませんが
124:
名無しさん[sage] 2021/05/31(月) 00:26:29 pkty009-117.kcn.ne.jp(10/12)
お疲れさまです。
一読した感じだと読みやすくていい感じだと思います。
125:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/06/02(水) 23:32:04 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(25/27)
お疲れ様です、もうほぼ完成と言えそうですね。
ただ一つ気になった点は、最後のLoseに関する評価の段落の、
「~不平不満の抜本的な解消に"は"繋がらなかったのは、~」の一文で、
"は"を抜いた前の版の方が良かった印象で、"は"を入れるのなら例えば
「~解消には繋がらなかった。それは~」のように読点で区切る方がいいかな、と思ったぐらいです。
あとは何もありません。

重箱の隅をつつくような指摘ですが、総評5氏が納得する形になれば幸いです。
いよいよ完成間近ですね、楽しみです。
126:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/06/03(木) 20:44:03 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(32/34)
>>123

再度の総評案修正、お疲れ様です。
猶一層洗練されて非常に読みやすくなっています。多大な労力にただただ感謝です。

修正案につき、問題というレベルのものではありませんが、自分にはカムイの下りでぶった切りエンドから続く
「漫画なら次から掲載誌が変わりそうな急展開だが、」
の部分が急展開という感じがあまりせず、ここが無くても「本作に今の所続編の予定はなく」に意味が通じるように思えました。

他の修正部分については何もありません。
127(2):
総評52021/06/14(月) 23:00:44
お待たせしました
納得いくまで修正を施した最終版になります
https://writening.net/page?YVh7f4

細かい調整や補足、語順変更に加え、書かなくてもわかる部分や逆に焦点がブレそうなところを若干削りました

思ったより修正箇所が多くなってしまったこともあり、念の為一週間ほど指摘待ち期間を頂いて、何もなければ6/20日曜日が終わった時点で確定とさせてください
指摘があれば確認次第喜んで対応しますし、誤字脱字等の明らかなミスを見つければ直しますが、それ以外の自発的な修正はここまでにしようと思います
128:
名無しさん[sage] 2021/06/14(月) 23:02:19 pkty009-117.kcn.ne.jp(11/12)
お疲れさまです
そうですね、意見待ちは20日までで十分だと思います
129:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/06/15(火) 19:43:50 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(33/34)
>>127
お疲れ様です
他に指摘が上がっていませんでしたので完成としても良いのではと思いますが、期日を含め最終決定は総評5さんにお任せ致します
130:
名無しさん[ir8ef5] 2021/06/15(火) 23:53:15 KD121105225207.ppp-bb.dion.ne.jp(1/2)
読ませていただきました。
概ね問題ありません。最終稿としても十分な出来だと思います。
というか、これ以上5氏に負担はかけたくないので重箱の隅をつつきたくないというのが本音ですね
131:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/06/17(木) 01:30:30 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(26/27)
>>127
お疲れ様です。
総評に関して私から指摘する点はありません。締め切りの設定も問題ないと思います。
あとは待つだけですね。
132:
総評52021/06/21(月) 00:16:22
期限を迎えたので、以下に決定稿を全文投下して締めくくります
133:
総評52021/06/21(月) 00:17:21
時の流れの下では、様々なものが変わりゆく。
環境も、価値観も、そしてクソゲーも。
「afterチーズwithママの時代における、ニューアブノーマルとは何か」
新たな問いを掲げ、新たな段階に入った2019年のクソゲーオブザイヤーinエロゲー板(KOTYe)は、多様なクソ要素が相互に作用するコンボを決めた『崩壊天使アストレイア』が制した。
しかしそれは幕引きではなく、あくまで一区切りでしかない。
アウトサイダーなりの矜持を胸に灯し、ハンターたちは今も道なき深淵に挑んでいる。
ただし心せよ。
怪物と闘う過程で自らが怪物と化さぬように。
深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ。

KOTYe開闢より13年目となる2020年、初の選評によって雪割り桜が咲いたのは3月のことであった。
干支2巡目の始まりを祝うかのごとく、『神様のしっぽ ~干支神さまたちの恩返し~』が奉納されたのである。
十二支+巫女で13人もの攻略ヒロイン擁立に挑んでいるが、多すぎて作り切れていない。
立ち絵と一枚絵の差分があからさまに不足しており、それを設定やシナリオ展開で無理やり誤魔化そうとしているのが一目瞭然である。
私服登校として巫女服で学園に通い、一枚絵限定の衣装はすぐさま汚されて通常衣装に着替え直し、場合によっては面と向かって会話中のヒロインすら表示されないなど、何かにつけて寂寥感が漂う。
また、全員の顔見せと親睦を13連直列で綴る構成は冗長で、個別の短さやヒロイン間の格差拡大にも繋がっている。
なまじ美点も備えているがゆえに最優先で整えるべき箇所の欠陥が際立つ、歯抜けの美形のような残念さであった。

春先に縁起の良い作品で開幕を飾れたおかげか、探索行は続く成果を着々と上げ始める。
続き10行
134:
総評52021/06/21(月) 00:17:58
廃都市を旅立ったハンターの前に、体中にブーメランを生やした痛々しいオ○ニストが現れた。
その正体こそ、謎の新ブランドJADEの意欲作『LOVE・デスティネーション』である。
開始するやいなや、多種多様な自己満ルビの乱用が目に余る。
「人生(ルート)」「本能(ゴースト)」「現実(そ)の」「草食系(そんなん)」「生き方(キャラ)」「生き方(スタイル)」「教育方針(スタイル)」「全選択(フルオプション)」「自動台車(トラック)」「図★(ずぼし)」等々、挙げていけばきりがない。
要所でのみ効果的に使われているわけでもなく、ルビと本文のどちらがわかりやすいかすら定まっていないため、頻繁に上から読むか下から読むかの判断を迫られる。
しかも、普通に読む漢字にも余すところなくルビが振られているせいで、その中に紛れた特異なルビだけを注視するのも難しい。
その上、ひらがなの指示語にはもれなく傍点が付けられ、引用符も使用過多であり、強調手段を満遍なく使いすぎて強調になっていない。
以上のように文章全体に眼球を躓かせる無用な装飾が跋扈しているため、文字を追うだけで視線の障害物競走を強制され、苛立ちと徒労感が募っていくのである。
筆致も回りくどく抽象的で、簡単なことを難しく書いて悦に入っているだけの悪文と評して差し支えない。
そして肝心の内容には、おまいう主人公本位な胸糞ご都合主義が蔓延っている。
要約すると、「底辺を自認するおっさん主人公が学生時代へとタイムリープし、お偉方を説教風に罵倒している間に、死の運命を回避したパパやママが暗躍してすべてを解決してくれる話」である。
主人公からして、「上級国民サマ」が常套句の卑屈で嫌味なクズ。
得意技は理想論リンチで、相手の事情や心情には寄り添わず、現実的な解決策も提示せず、何もしない自分のことは棚に上げた上で上から一方的にこき下ろす。
黒幕の横暴を耐え忍んでいる大人たちに、「お前は真の限界まで頑張らずに、やらない言い訳してるだけの甘ったれ」という主旨の罵声を浴びせる何様の化身であるが、作中では勇者のごとく持ち上げられる。
一方で黒幕も、完璧独善上級国民フェミ女特殊工作員にして未来の売国独裁総理大臣という偏った盛りすぎ設定に対し、驚異としての具体的な描写に乏しく、口先だけの小者にしか見えない。
そして、その黒幕を処理するのはライターのかんがえたさいきょうの両親たちで、裏で根回しするか武力介入するかして後腐れなく打倒してくれる。
特に痛々しいのは、黒幕に反抗しようと決めた矢先に街中で同時多発爆破テロが発生し、母親から「テロにテロで報復して黒幕一味を全滅させた」と電話がかかってくるオチ。
母親のてへぺろ口調とコント風の頓狂なBGMも相まって、神経をヤスリで逆撫でしてくる。
どのルートでもこの調子で勝手に片が付き、主人公は罵倒を終えたら結果報告を聞くだけである。
しかし主人公はなぜか「俺は……勝ったんだ……」とほざき、事の顛末を父子の武勇伝と自画自賛して、やったった感を心ゆくまで満喫する。続き6行
135:
総評52021/06/21(月) 00:18:26
紙一重で地雷の連鎖爆発からは生還したものの、その衝撃は10年間眠っていた人型機械を呼び覚ましてしまう。
戯画謹製の古代兵器、『ジンキ・リザレクション』による侵攻の始まりであった。
本作はロボットバトルものを装っているが、プレイ時間の大半は飽き飽きする日常の反復でしかない。
ゲーム内期間30日×1日4回のコマンド選択に対し、イベントが少なすぎるのが原因である。
平時は操縦者であるヒロインとの交流や訓練を重ねて戦闘に備えるのだが、基地内での親睦および訓練は一文字の描写もなく、ただSD絵が表示されるだけ。
汎用デートイベントは最初の戦闘を迎える前に枯渇し始め、以降は既視感が唸りを上げるほどの使い回しが続く。
このループする日常によってシナリオが極度に水増しされており、合間で語られる本筋は非常に短い。
大雑把な人物紹介と状況説明が済む頃には全期間の半分が過ぎ、中盤でようやく現れた敵部隊は個性を把握する間もなく次々と退場していく。
戦闘シーンも、各機1枚ずつしか無い立ち絵と搭乗者の顔グラだけの紙芝居で、躍動感が感じられない。
そして最後は、無理のあるヒロイン無双や敵の内輪揉めによる自滅といった荒業で強引に幕が下ろされる。
ワンクールのアニメなら、本筋はせいぜい2~3話分、残りを新規要素の無いエンドレスエイトで埋めて打ち切りくらいの惨状である。
その上、不親切なフラグシステムがシーン回収の苦行度を格段に高めている。
陵辱シーンは戦闘ごとに存在する敗北バッドエンドに付随しており、全回収するには各ルートに平均4回ある勝敗判定にそれぞれ1度は失敗する必要がある。
しかし、判定に使われるステータスの現在値及び勝敗のボーダーラインは明示されず、しかも分岐は強制で、勝てる戦闘にわざと負けることはできない。
つまり、ちょうど目当ての戦闘まで勝ち進んだところで負けるように、見えないステータスを、見えない勝利条件に合わせて、毎回手探りで調整するしかないのである。
加えて、一部のHシーンには「ランダムイベントで入手した特定の衣装を着用した上で、特定の場所でランダム発生」という面倒な発生条件がある。
必然的にシーン回収はスキップ全開のリトライ作業と化し、評価基準は「効率的か否か」へとシフト。
E-moteを筆頭に見栄えがする演出も、テンポを阻害する障害に転じて牙を剥くのである。
表面は美しく塗装されていても、中身は10年前どころか前世紀の遺物級であり、現代に呼び戻されたこと自体が不幸であった。
続き12行
136:
総評52021/06/21(月) 00:18:46
ゾンビ臭が初夏の風に拭われたころ、ensembleが野に放った『Secret Agent~騎士学園の忍びなるもの~』が、忍ぶどころか暴れ始めた。
KOTYeの二大鬼門たる騎士と忍者を共に込められた本作は、タイトル発表と同時にハンターに察知されて追跡対象となっていた。
しかしエントリーに至った理由は皮肉にも、詰め込みすぎた設定の消化不良である。
例えば、女性と接するのが苦手な主人公はヒロインたちと普通に会話し、結婚含む将来設計が自由にならない財閥令嬢はスムーズに主人公と結ばれる。
唐突な展開も散見され、最序盤のキャラ紹介イベントが一巡するとヒロイン全員が主人公に惚れており、悪役はいつ改心したのか不明なまま主人公のピンチに駆けつける。
そもそも、近未来である作中において、忍者と騎士の設定はごっこ遊びレベル。
忍者といっても現代風の諜報員で、クナイや手裏剣は忍者っぽさを出すための小道具にすぎず、主人公は忍びなれども忍ばない。
ミスや油断から幾度となく一般人に見つかるだけでなく、素性の隠匿より目前のトラブル解決を常に優先し、時にはクナイを投げてからおもむろに姿を表す。
任務からして、意訳すれば「謎の文○砲使いの正体を暴け」であるため無辜の者に害はなく、上司である母も「青春を謳歌しながら任務を遂行しなさい」と能天気で緊迫感に欠ける。
また、騎士の実態は強権を持つ生徒会役員と各委員会長の集まりでしかないし、学園ならではといえるイベントにも乏しい。
以上をもって、Secret Agent、騎士、学園、忍びなるものの各要素は否定され、タイトルの形骸化は見事に成されたのであった。

夏には、探索先のハンターたちから3通の暑中見舞いが届いた。
ヒロインのヤンデレビッチストーカー出力が高すぎて、主役たるべきメガネ属性が死んでいる『メガスキ! ~彼女と僕の眼鏡事情~ 伊波乙葉編』、
メイン要素がドロップアイテム収集であるにもかかわらず、会敵機会と戦闘回数に制限を設けてセーブ&ロード地獄を誘発した『創神のアルスマグナ』、
主人公とヒロインを明智光秀と織田信長の生まれ変わりに設定するも、登場人物を総動員した現代豆知識の開陳ラッシュが横行しすぎて麒麟が来ないと評された『彼女がアイツで、俺はだれ!?』、
と続いた選評からは、旅路の順調さが伺い知れる。
その淀みなさは住人たちに滔々と流れる大河を想起させ、酷暑にひとときの涼をも届けたのであった。

しかし、まだ暑苦しい夏は終わらない。続き11行
137:
総評52021/06/21(月) 00:19:42
ようやく炎暑を乗り切ったのも束の間。
ソーシャルディスタンス軽視という新たな火種『Honey*Honey*Honey!』が、新規ブランドおうちじかんによって生み出された。
最大の特徴は、男女は2m離れて生活するように定めた“男女接近法”という設定である。
舞台となる学園内でも通路やベンチが赤青に塗り分けられており、特に教室側が赤一列で男子が入室できない廊下は「なかなかパンチの効いた廊下だ」と作中でも称賛されている。
掴みは良しとしても、男女の濃厚接触を制限する厳しい条件をエロゲーに設け、物語をどう展開するつもりなのか。
製作者の出した答えは「無理筋設定なので無視する」であった。
登場人物たちは普段から2mを意識して生活しているようには見えず、むしろ近づいていて当たり前で、たまに思い出してその時だけ人目に気を付ける程度。
個別の内容も、
「取り締まる立場なのに自分だけ交際するのはずるいと言われた→今後は交際許可をどんどん出します→大団円」、
「教え子と男女の関係なのがバレた→幼児の頃書いた婚姻届があるから淫行じゃない!→万事解決万々歳」
のように、シュール未満の三文芝居である。
看板だけ奇を衒って耳目を集めたところで、中身と食い違っていればペテンでしかないと身をもって示した一作であった。

2m詐欺を切り抜けた矢先に、SUKARA DOGが『スケベな処女のつくりかた』で完成詐欺を披露する。
タイトルで調教ものを仄めかした上で、まだ処女なだけで最初からスケベに仕上がっているビッチをヒロインに据え、とかく未完成品が問題になりがちな業界を鋭く風刺してみせた。

秋の暮にはクライマックスに向けて狩猟ペースが向上し、発見後に判断保留ないしは調査続行となっていた作品の選評が次々と届きだした。
今年もまた、祭りが始まる。

皮切りに、evoLLが閉鎖空間『Hではじめた絶品バーガー ~え?ご注文はおっぱいですか~』を領域展開した。続き12行
138:
総評52021/06/21(月) 00:20:14
次いでLose発の魔列車『まいてつ Last Run!!』が、レールを外れて戦場へとなだれ込んだ。
おもな不満点は、売り方とエロの削減である。
いわゆる完全版商法を採用し、ファンディスクを無印版と抱き合わせてのオーバープライスでのみ販売。
しかも、無印部分はブラッシュアップと称して裸立ち絵などのアダルト表現が削られており、不完全版商法とも揶揄された。
追加部分のエロは単純にシーン数が少なく、無印39回に対して追加19回と半減している。
さらに、パッケージで最前列に大きく描かれている新ヒロインのHシーンが1回も無い。
一応公式サイトに記載はあるが、シーン数を合算でしか表記しないなど長所を誇張し短所は矮小化しており、リボ払いの勧誘文句さながらである。
とはいえ、過去作の高評価が落差をより際立たせていることもあり、評価としては「汚い売り方のガッカリゲー」あたりに落ち着いた。
しかし本作はその後、不名誉な脚光を浴びることになる。
事件発生は発売から約1ヶ月後。
Loseの要請により、大手データベースサイトから、本作を含むLose名義の全作品に関するデータおよびレビューが根こそぎ削除されたのである。
期待するがゆえの苦言と改善への切なる願いが渦巻くさなかに、メーカーの実績とユーザーの批評の積み重ねを、ただ黙ってごみ箱を空にでもするかのように消す。
この行為は単なる批判隠しには留まらず、ユーザー生成コンテンツにメーカーが介入した悪しき例として反発を招いたばかりか、旧来のファンに後ろ足で砂をかけて一般に逃亡する意思の現れとも見做され、業界史でも一二を争う規模の大炎上を巻き起こした。
慌てて本作のレビュー以外のデータ復旧を認めたところで、失った信用は戻らない。
鉄道事故を埋めて隠す「埋鉄」作戦の発動は、さらなる怒りと失望をもたらすだけの逆効果に終わった。
「まいてつ全部入りプロジェクト」としてエロ要素の補填も始めてはいるが、去った者には届かず、残った者からは冷ややかな目を向けられている。
惨憺たるラストランの終点は、未だ見えない。

悲鳴のように哀しく響く汽笛が徐々に遠ざかっていく中で、野盗の襲撃が発生する。
それはエロ有りRPGで知られるエウシュリー作、『天冥のコンキスタ』による不意打ちであった。続き14行
139:
総評52021/06/21(月) 00:20:58
宴もたけなわとなったところで、Wonder Foolの『まおかつ! -魔王と勇者のアイドル生活-』が舞台に上がった。
“魔王でアイドル”をコンセプトに、勇者として異世界に召喚されたプロデューサーが、元魔王のヒロインたちをアイドルとして育成していく話である。
しかし、アイドルと異世界の組み合わせが面白さに寄与していない。
異世界ものではよくある、潜在的な需要はあれど未開拓の概念を現代から持ち込んで一人勝ちするパターンをなぞっているため、アイドルもののお約束ともいえる苦労や挫折とは全くの無縁。
後に結成されるライバルユニットも良き競争相手という立ち位置で、現代の設備や道具も「開発した」の一言で簡単に入手し、文字通り敵も障害も存在しない。
かといって大成功の軌跡を華々しく描けているわけでもなく、ありきたりなアイドル活動をして無難に成功するだけなので爽快感もない。
しかも、大胆不敵な編集のせいで物語は穴だらけであり、盛り上がりそうな場面でも容赦なくカットされている。
プロローグでの魔王との対決からして、「では始めようではないか勇者よ!」から1クリックで決着。
本編ではさらに酷く、ユニット名を決めて基礎レッスンを始めたあたりで半年後にジャンプしたかと思えば、もう人気アイドルグループとしての認知を得ており、音痴を克服したばかりだったヒロインは歌姫級の歌唱力になっている。
過程は「色々あった」の一言でキンクリの彼方である。
その色々を描いてこその物語なのだが、あるいは平々凡々に順風満帆すぎて描きようがなかったのであろうか。
記念すべき初ライブですら二言三言のMC以外は省かれており、ここぞというところには悉くスポットライトが当たらない。
個別は例によってHシーンの羅列で、隙間にかろうじてシナリオの欠片が存在する。
その内容も、倒れた主人公をひたすら看病し続けるだけ、突拍子もなく復活した真の魔王討伐に旅立って1クリックで8ヶ月後のエピローグに飛ぶなど、アイドル要素が薄い。
歌でいえば、イントロから即アウトロに移行して終わったり、間奏だけが続いたりするような、拍子抜けの詰め合わせアルバムとでも評すべき仕上がりであった。
140:
総評52021/06/21(月) 00:21:19
続いて、まさかの二の矢が戦場に飛来した。
スワン系列の捨てブランドと思われていたももいろPocketが、二作目となる『オレは姫武将を孕ませたい!』を排出したのである。
現代からタイムスリップしてきた主人公の視点で描く戦国武将女体化ものであるが、歴史や武将への習熟やこだわりが感じられないどころか、中身が薄いを通り越して無に近い。
おもな原因は、歴史上の大戦や大事件が秒で終わり、何事もない幕間が延々と続くバランスの悪さである。
信長・蘭丸・光秀のルートでは、本能寺の変を回避するとタイムパラドックスにより主人公が消滅するジレンマがテーマとなるが、尺の9割は「主人公がどうすればいいか悩む→Hシーン→悩む→Hシーン……」の繰り返し。
結末はヒロインごとに若干違うものの、結局どうにもならずに諦めた主人公が信長を見捨て、本能寺の変を数行の説明で片付けて終わる点は共通している。
信玄と謙信のルートは川中島の戦いを決着させないことが目的となるが、要は余計な真似をして歴史を変えなければいいだけであり、何の面白みもない。
信玄ルートは戦場に出ても活躍しすぎないように俺tueeeけど自重する話、謙信ルートは二重スパイごっこで越後と甲斐を何度も往復して健脚になる話である。
退屈が骨身にしみる中、信玄エンドだけは悪い意味で衝撃的といえる。
病床の信玄を救うべく、主人公は信玄との間に生まれた子から異能の力を借りて現代に戻るのだが、その際に
「必ず戻ってきます。貴方の為なら、タイムマシンだって発明してみせますよ」
と約束しておきながら、帰還した瞬間に
「戻る方法がなくなってしまった……」
と絶望して何もかも諦める。
数日後、信玄の生まれ変わりと思しき女性と出会って感動にむせび泣き、過去に残した妻子は放置して自分だけハッピーエンドである。
CG関連も、相変わらず粗雑そのもの。
孕ませをタイトルに冠しておいてボテ腹立ち絵はなく、バストアップになるまで拡大して誤魔化しており、ときにはそれすら忘れて引きの立ち絵を表示するミスも発生する。
また、本能寺の変に主人公を直接関わらせないことで関連するCGを0枚に削減しており、ルートヒロイン3人にはEDの一枚絵すら存在しない。
そして背景は使い回しが多く、どこの領地でも城内・城門付近・城下町の景色が同じである。
Hシーンも、絵柄やアニメーションは不安定で、テキストは見ればわかることを念入りに語る食レポのように冗漫かつ味気ない。続き17行
141:
総評52021/06/21(月) 00:21:44
冬を前にめぼしい標的をあらかた狩り終え、ハンターたちは余裕を残して最終局面へと向かう。

捜査や推理をせず、お粗末な真相を後生大事に隠しているヒロインと仲良くなって口を割らせる話をミステリーと豪語した『鍵を隠したカゴのトリ』、
似たようなプレイを繰り返してからヤリ捨てるだけで変化に乏しく、テキスト・塗り・声の調子に至るまで、全体的な質の低下が指摘された『巨乳女士官洗脳催眠「お前のような男の命令に従う訳がないだろう」』、
ペラペラ設定の脳筋姫たちが迷宮に突撃しては嬲られるだけのワンパターンで、主人公が敵味方の二役を演じている伏線をスルーして正体バレせずに終わる『プリンセスクライシス』
の3作を、年を跨いで次々と制圧。

そして予備期間終了間際の1月31日には、
「1ヶ月前まで2020年だったのか。ならばほとんど2020年みたいなものだな。」
と言わんばかりに、『黒ビッチギャルがキモオタに堕ちるまで ~監禁〇辱配信日記~』が転がり込んできた。
『懺悔島』と『ブラック企業』を排出してきたTRYSET Breakは、これで3年連続エントリーの達成である。
本作は、タイトルに含まれる各要素の精度が低い。
監禁○辱とあるが、どちらかといえば神待ち援交からのほのぼのレ○プであり、鬼畜要素は薄弱。
動画配信にしても、物語を動かす重要な要因にはなっておらず、プレイの一環程度の軽い扱いでしかない。
撮影されている場面のCGは全20枚中6枚と1/3にも満たず、うち2枚はトイレ盗撮である。
また、感嘆から喘ぎ声に至るまで、あらゆる「ああ」が「嗚呼」に置換されており、ヒロインのギャルっぽさを著しく損ねている。
これでは、公式サイトの見出しを「せいひんじょーほー」のようにひらがなで表記する工夫も台無しであろう。
片や主人公のキモさは煥発しており、クリーチャーじみた醜悪な体型を惜しげもなく晒している。
中でも、陰茎しか描かないチン・ファンネル系の表現と見せかけて、射精と同時に光学迷彩を解除して豪快にフレームインする手法は一定の評価を得た。
全体的に格調低く纏まっており、マイスターとしての貫禄すら漂い始めたTRYSET Breakの動向は今後も注視されるであろう。
142:
総評52021/06/21(月) 00:22:11
以上をもって全エントリー作品22本が出揃ったところで、本年の大賞および次点を発表する。

次点は、
『ジンキ・リザレクション』
『天冥のコンキスタ』
『オレは姫武将を孕ませたい!』
『まごかつ ~可愛い孫のためなら中出しOK…~』

そして大賞は、
『LOVE・デスティネーション』
とする。

2020年は12ヶ月どの月の発売タイトルからも選評が届き、7年振りとなる全月制覇、グランドスラムが達成された。
にもかかわらず、豊作感と同時に飢えも覚えるのは、不満点の多くに手抜き感が付随するためであろう。
特にシナリオの空疎化は深刻で、おもに設定の消化不良がコンセプトの実現を失敗に至らしめている。
すなわち事前情報と実態の食い違いであり、この傾向は前年から引き続き変わっていない。
エロゲーは千差万別な性的嗜好を前提とする娯楽であり、良し悪しと同等以上に合う合わないが重要視されるため、評価する際には事前情報も考慮される。
事前情報とは売り手の掲げた約束であり、買い手はその約束に対価を払うのである。
ゆえに、内容以前に約束を魅力的に演出しなければ手に取られることすらない。
製作者が強固な信頼を確立しているなら話は早いが、そうでなければ事前に開示する絵柄や設定が最優先され、次にエロ、シナリオは往々にして後回しとなる。続き16行
143:
総評52021/06/21(月) 00:22:33
さて、結果発表は終えたが、ここでひとつのやり残しと向き合わねばならない。
それは、Loseの炎上騒動後に届いた選評で提示された、
「盤外要素でも作品本体の評価に影響を与えうるのではないか?」
という問いかけである。
そこで返答を兼ね、KOTYeのコンセプトと理念を再確認しておきたい。
まず、KOTYeはゲームの出来の悪さで雌雄を決する戦場である。
よってメーカーの言動が俎上に載るのは、ゲーム内容の欠点に紐付いた原因として、でなければ余談として、このいずれかに限られる。
これを踏まえて一連の騒動を振り返ってみると、内容は悪化していないどころか、結果的には一定の改善に繋がっている。
にもかかわらず不平不満の抜本的な解消に繋がらなかったのは、炎上の主たる原因がゲームの内容ではなくメーカーの言動にあったからにほかならない。
メーカーの意図はどうあれ、「都合の悪い批評は強制削除し、旧来の支持者を養分の絞りカスとして切り捨てようとしている」と判断されたことが根源であり、問題の本質はオタクの権利と誇りの両方を侵害した点にこそある。
ゲームの「出来」が本件に及ぼした影響は限定的である一方、メーカーに対する反発や怒りといった悪感情は創作物にまで流入し、ゲームの「印象」をも著しく悪化させた。
つまり「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のことわざ通り、「作者が嫌いなので作品も嫌い」になったのである。
これは社会心理学においてバランス理論とも呼ばれ、認知の不均衡を解消しようとする自然な心の動きとされる。
「作者と作品は別」だと理屈ではわかっても、感情はそう簡単に割り切れるものではない。
それでも、KOTYeが「ゲームの出来がすべて」という基幹コンセプトを掲げている以上、そこには理性に基づいた断固たる線引きが必要なのである。
メーカーが史上稀に見る大失態を犯したとしても、ゲームの内容と固く結びついていないのならば余談であり、評価に際して重視されることはない。
これを曲げる行為は、感情に任せて自己満足のために行動し、自ら掲げたコンセプトを歪めることを意味する。
それはクソゲー誕生の構図そのものであり、まさしく怪物と闘う過程で自らも怪物と化した姿ではないか。
ハンターとは、復讐や快楽のために虐殺を行う者ではなく、怪物と合体して勃ったまま死ぬ弩級変態でもない。
罪も業も覚悟も背負い、敬意と感謝を抱いて怪物と闘う者のことである。続き10行
144(1):
総評52021/06/21(月) 00:24:11
以上です
最終的にかなり長い執筆期間を貰うことになってしまいましたが、それが無駄な時間ではなかったと思ってもらえれば幸いです

選評・総評案の執筆者各位をはじめ全参加者の皆様、ご協力ありがとうございました
145:
名無しさん[sage] 2021/06/21(月) 18:57:51 pkty009-117.kcn.ne.jp(12/12)
お疲れさまでした!
146:
総評1 ◆RRWGPox/b62021/06/21(月) 20:04:31 48.157.52.36.megaegg.ne.jp(34/34)
>>144
素晴らしい総評の執筆、本当にありがとうございました
147:
総評4 ◆qZUASUzsaY[sage] 2021/06/21(月) 21:34:54 M106073034065.v4.enabler.ne.jp(27/27)
総評完成、おめでとうございます。
時間をかけるべき所にかけたおかげで、説得力のある総評に仕上がったと感じています。
皆さん、おつかれさまでした!
148:
名無しさん[ir8ef5] 2021/07/01(木) 21:00:25 KD121105225207.ppp-bb.dion.ne.jp(2/2)
Wikiにも掲載されたようで2020年もこれで終わりですね。皆さまお疲れ様でした。
06:51:54時点のスレ終端
続き44秒後位に新着取得可
 元スレ:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/58649/1613181301/